So-net無料ブログ作成

高橋尚子と清水宏保についての雑感 [思ったこと]

まずは、高橋尚子について。

今日行われた、東京国際女子マラソンにおいて、高橋尚子が優勝をしました。
正直なところ、走る前に故障についての記者会見を開いた時点で、私は
「高橋尚子は、今回の東京国際女子マラソンを最後に、トップランナーとしてのキャリアを終えるつもりなのかもしれない」と、思っておりました。

というのも、高橋自身、ここ数年故障に悩まされてきたのは、周知の事実だったし、
今回、走る前のハーフマラソン等では、十分納得のいく走りをしたとは言いがたく、正直、復活をとげるとは、全然思えなかったからです。

にも拘らず、今回このような最高の結果を残す。凄いですね。素直にそう思いました。
「連邦のモビルスーツは化け物か?」と、そんな感じでもあります。

ここで、第三者的な見地から、批判的な見方をすると、
「今回の東京国際女子マラソンを回避して、名古屋などで、体調を万全にして走った方が良かったのではないか?」
という考え方があるかと思います。私自身、確かにそのように思うところがあります。
しかしながら、やはりそれは、第三者の見解なのではないか、そう思います。

少なくとも私は、彼女達のようなトップアスリートになった経験はなく、彼女達の心理状態は分かりかねます。しかしながら、きっと、彼女の心理からは、故障をおしても「ここでなければ意味がない」ものだったのでしょう。
今回は最高の結果となりましたが、もし、上手くいかず、故障によりその後のアスリート人生に影を落としたり、最悪、故障がもとで引退、という事態になったとしても、その決定は彼女にとって悔いのないものであったと想像します。

競技人生は人生の中の一部でしかなく、決して長いものではありませんから、やはり競技者の納得のいく選択をすべきであると思います。いや、むやみやたらに故障をおして出場すべきだという意味ではありません。
そうではなくて、本人の意思が重要なのであって、我々第三者が「次があるのに、もったいない。才能が潰れてしまうかもしれないので、回避すべきだ」などと、したり顔で言う性質ものではないと、そういうことです。
潰れるのも、本人の自由ではないかと。才能は、我々に感動を与えるものだとしても、その才能をどう使うかは、才能を与えられた本人の意思に委ねられていると、そういうことです。

ただ、今回は優勝となりましたが、故障のダメージはいかがだったんでしょう。まったくないはずがない、と思います。
故障をおして、勝ったはいいけどその後、故障がもとで競技人生を縮めたというのは、近時では貴乃花の例もありますので、今後、どうなるのか、心配ではあります。
ですから、これが最後の栄光なのかもしれない、などと悲観的な見方をしてしまいますね。
このような、悲観的な私の予想をまた覆してくれるのか、見守りたいと思います。



話はまったく変わりますが、次に、清水宏保について。
スピードスケートのワールドカップにおいて、男子500メートルで加藤条治が34秒30の世界新を出し、それまで持っていた清水宏保の記録を塗り替えたそうです。

こんなヘタレブログ読むはずもありませんが、加藤選手、おめでとうございます、と申し上げさせて下さい。そして、また、ジャンクスポーツに出て、浜田雅功にいじられて下さい。

で、記録を抜かれた清水宏保です。
こうなると、メディアというものをはじめとして世間は冷たいもので、「清水はもう終わりだ」と、レッテルを貼りたがります。そして、さらに進むと、競技を続ける当該選手に対して「過去の人」「まだやってるの?」といった感じで、かなり蔑みが入った感情を持つに至ったりします。
これはいかんでしょう。

いろいろ似た例を御存知の方もいるかと思います。私が覚えているのは、ノルディックスキー複合の荻原健司です。
ルールの改正、及び自身の不調もあったのか、いろいろと原因があったとは思いますが、一時期の絶頂期を過ぎ、荻原は世界でまったく勝てなくなりました。
すると、手のひらを返したような冷たい対応が待ってましたね。
「どうせ勝てないのに、何でまだ続けてるの?」といった感じで。

違うでしょう、と申し上げたい。いいときは持ち上げて、駄目になったら、すぐ見捨てる。その態度はいかがなものかと思います。
大抵のアスリートは、過去の栄光にすがって競技を続けている訳ではないでしょう。力が衰えたと周囲からは見えたとしても、「まだ上にいけるはずだ」と信じる本人が、自らの意思で競技人生を続けることの、何がいけないんでしょうか? 
過去の栄光といいますが、過去の素晴らしい成績を讃えて、敬意をもって接するべきではないのでしょうか? 現役をやめれば讃えるのはやぶさかではないが、現役のときは過去の人扱いして蔑んでも良いと、そういうことなんでしょうか?

違うでしょう。今は抜かれてしまったけど、あの選手はかつて、この競技の頂点に立った素晴らしい選手なんだと、見るべきではないでしょうか。
かつて感動を与えてくれた人に、「過去になってしまった」というだけで、敬意は払えなくなってしまうものなのでしょうか?

悲しい話です。



上記の二つ、書きたいことはまったく別物なんですが、同じスポーツに関する本日の雑感ということで、まとめて上げてみました。

ということで今回は、いやぁ、スポーツって本当に素晴らしいものですね。それでは(某福耳の映画評論家。最近は映画なんかも撮ってます、な人調)、という話でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。