So-net無料ブログ作成
検索選択

脱皮(※爬虫類嫌いでも大丈夫!) [小ネタ]

本当に久々に、連日の更新です。 

DSCN1173.JPG

上…古い皮、じゃなくて古い眼鏡。
下…new眼鏡! ブランドはピエール・カルダン(と言っても、どれだけグレードの高いブランドかも知らんし、事実、値段も安かったですけど)で、微妙に前のより軽くなった(本人感覚比)んだよ?

ここで、人様のツッコミを回避すべく、言い訳、…じゃなくて、眼鏡を何故新調したのかちと書きますと。
一見すると、「別に変えなくてもいいんじゃね?」といった感もあります。
が、右のコーティングが中央部分で剥げてしまって、薄く靄がかかった感じになっていまして、最近、結構もどかしく感じていました。なんか妙に疲れますし。
とっくに替え時を迎えていたんですが、気付かないふりをして粘っていたんですが、この辺りが限界でした。
なもので、新調ということに。

ちなみに、「レンズの再コーティングってできないんですか?」 と訊いてみたのですが、「できません」とのことでした。そういうものらしいです。
素人考えですと、一度、コーティングの素材をレンズから綺麗さっぱり溶解・洗浄して取り除いたうえで、再コーティング!とか、できそうな気がするんですけどね。

新調してみたところ、視界がクリアになって、少し感動しました。
裸眼視力が無きに等しいような私ですが、視界が良くなって「俺の眼、すげー!」とか思ったりしました。…人様が聞いたら、「すごい? ド近眼のその眼が?」と、噴飯ものです。

一方で、私なんぞは、眼鏡のコーティングの剥離で、視界の(それなりに大きいとはいえ)一部が見えにくいだけで、結構なストレスだったのですが、これが白内障などで、視界全般がぼんやりとなったらと考えると、多大なストレスだし、疲れるよなぁ、とつくづく思います。

で、新調するに際して、「なんでまた、こうも変わり映えしない、同じようなものを…」と思われるかもしれませんが…、いいんです、別に「脱皮みたいだ」と言われようとも。
イメージチェンジを図った訳ではないですし、今まで使ってたの気に入っていましたし。
…たとえ、ちょっとレンズがでかすぎて、よく眼鏡の端っこを柱や壁にぶつけてたりしていても。何年同じ眼鏡かけてて、身体感覚に組み込まれていないんだと、我ながらツッコミたくなりますが。

まあ、それはそれとしまして。
ちょっと、結構気になったのは、同じようなレンズの大き目のリムレスを探したんですが、これがなかなかなくて…。2、3店舗回ったのですが、似たようなのは本当になかったですね(まあ、予算の都合もあって、お高いものの中にはあったんですけども)
リムレス自体、かなり少なくなっているんでしょうか。

今度新調するときは、似た感じのフレーム、ほとんどなくなってしまっているかもしれません。
今度からは、レンズだけ、新調していくことになるんでしょうか。

ということで今回は、脱皮には危険が伴うといいますが、今回はまあ特に問題はなく、ただ、次回は、「遠近両用」になってるかもしれないなぁ、という話。


タグ:眼鏡
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

のあちゃん

脱皮とはよく言ったもの>>笑

最近買ってる亀が冬眠したのでそれ系の話題かと思いきや粋狂さんの脱皮でしたか~^^

リムレスはメガネの存在感が少なくてフレームが微妙に視界を邪魔するってことが無いので私も欲しかったですが
値段も微妙に高かった((汗
by のあちゃん (2011-11-06 13:54) 

粋狂

>のあちゃんさん
 リムレスにしてから、結構長いので、今更フレームが視界に入るのは…、と思い、結構探しました。

 値段は、最近は、こだわらなければ非常に安価なんですけどねぇ…。
 ただ、当初の予定より、かなり安く抑えられたので良しとしています。
by 粋狂 (2011-11-06 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。