So-net無料ブログ作成
検索選択

合格できるかな?(その4) […試験]

だいぶ開いてしまいましたが、久々に。それなりに勉強して先日行われた試験本番に臨みました!

…と書きたいところですが、それが全然で。
理由(というか、言い訳というか)はいくつかあるのですが、まずは、11月辺りで一度試験勉強への取り組みに集中できなくなったレポートの再提出。

以下に、直後の心境をだらだら書いてあります。


(更生保護のレポート不合格のため、レポートの再提出を求められたことに)
納得いかないので、抗議の意を込めて、質問。というより、採点のやり直しを求めていましたが、質問に対する回答は同義反復のような同じ回答。
「当たり前」と書いていたところが「当然」に変わったくらいの話でした。誤りである理由が分からず、また、誤りとされる解釈の仕方は、本当にできないのか、一切説明なし。

また、当初の返却レポートで触れていない個所について言及し、その不足を指摘して、不合格の理由を補充するし。何故、最初に書かない訳? 最初、ちゃんと読んで採点してないということでしょうか? 採点をきちんと行ったのか疑念が生じますし、付け足しの言及は、指導力不足も感じます。

通信のレポート添削しかしないのだから、担当講師はレポートを通して、なにがしかの指導する立場なのでは? 自分の考えに沿わない者を全否定しているようにしか読めず、納得のいく説明もなし。

正直、人のことを馬鹿にしてんじゃねーの、こいつ、と思ったので、それについても書いたところ、その返事で、「人を馬鹿になどしていない」と返事をしたものの、「当然です」「当たり前です」という言葉でしょ? それってぇのは、その考えに乗らない者を「当たり前のことすら分かっていない『馬鹿』」と言っているのでは? そういうのを馬鹿にしているというのでは? 他の理由で、何だか、社会的排除と差別の研究を長年していて、また放送大学の授業を担当していて、それを聞いていただければわかるとか書いてたけど、それが何?手前の宣伝か?って話です。

何をしていたって、人のことを馬鹿にするやつは馬鹿にするんじゃないの? 何の関係があるの、それ。この論理性のなさは何? と訊きたいです。

本当、大学の時にもこういう教授いたけど同類だよ、こいつ。

正直、この件で、精神衛生乱されまくって、勉強などやる気になりませんで、最悪でした。
事務局にもかけあったけど、話を聞くに、客観的な基準にのっとっているのか担保はなく、結局講師の胸先三寸なことがはっきりとわかったくらいでした。

また、事務局より言われたのが「あなたはどうすれば納得するんですか?」って…。(講師代えてくれって言っても代えてくれるわけもなし)現状、どうあっても納得いきませんと話したら、「この件は打ち切って、建設的に云々…」と話をされましたわ。
本当、冗談じゃねぇ。再履修になる可能性がないではないので、あまり勉強に身が入りませんし。本当、うんざりです。

事務局も、言葉では「学生のフォローをしていく」と、よく発言してたけど、いざってときはこの対応かよ…って感じですし。
何のフォローも感じられないし、言葉だけで実は何にもないなと、失望ですわ。
講師とのメールのやり取りつなぐだけなら、ガキの使いでもできるような話じゃねーか。

どう抗議しても、覆りそうもないし、時間の無駄にしか感じられないため、心底抵抗を覚えながらも金出して、レポートの再提出をしました。不合格なら、受験できないため、どうなるかわからんけど、まあ、切り替えてやるしかないですね。

実際のところは、あんな講師選任した責任を事務局に問いたいわ、まったく。


とまあ、こんな感じで。

正直、再提出してもなお、不合格にするとは思っていなかったのですが、頭にきすぎて、やる気が全く起きない状態になっていました。

他に、仕事場でも、「仕事を辞めないと、ストレスというのかプレッシャーというのかで、何かが壊れる」と思うくらい、追い込まれて鬱々としてまして、試験どころではない精神状態に陥ってしまいまして(数日前より、少しだけ改善されましたが)。

そんな状態でしたので、受験してもなぁ、とも思ったのですが、受けなければ合格も何もないので、一応受けに行きました。

試験は、「今年の問題、やけに難しい気がする。分からない問題が多すぎる」と受けながら感じたことが幾分ありましたが、それ以前に、上記のとおり、諸事情から、試験に対して「頑張って合格しよう!」といったやる気がかなり減退していて、正直、「こんな試験、合格したからって、今の俺の何の足しになるんだ」と思って受けてました。

なもので、テンションがまったく上がらず、集中力には欠け、また、カケラも緊張せずに、試験をただ受けただけという感じですね。
…試験と名のつくもので、あれだけまったく緊張しないで受けたのは初めてでした。通常ですと、なんということもなく、テンションが上がり、無駄に緊張するものですが、そういう精神状態に全くなりませんで、ふら~っと行ってきて、ふら~っと帰ってきて、でした。

ただ、受験後、解答速報やら他の受験者からの情報を収集するに、今年はやたら難化したらしく、受けた感触は案外間違っていなかったようでした。
自己採点の結果からすると、合格ラインのボーダー付近にいるようだということが分かるのですが、合格ラインが判然としないこと、また、各所で発表している解答速報の正答肢の割れから、自分の点数に若干の変動があることなどから、結局のところどうなるのか、微妙なところというのが現状です。不合格だとは思うのですが…。どうなるでしょう。

ただ、仮に合格できたとしたら、あの精神状態で合格できてしまう国家試験というのはどうなの? その程度の試験に何の権威があるの?と、思ってしまいますね。


タグ:社会福祉士
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。