So-net無料ブログ作成
検索選択
実家のワンコ ブログトップ

甘やかされまくりの日々 [実家のワンコ]

どうもお久しぶりです(そうでない方ははじめまして、になるでしょうか)。
最近、私の住んでいる辺りはやたらと寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私の住んでいるところの寒さなどは、北海道のえらく寒い地方に比べようもないくらいですけれども(このあいだニュースで、旭川では、ダイヤモンドダスト―当然ながら、某漫画の某キャラクターの必殺技にあらず…―が舞ってましたし…)。また、
「今日はあったかいよぉ。気温一ケタあるもん」
「…数字の頭にマイナス付いてんだよね?」
「?もちろん(いまさら何を言ってんの?)」
といった会話をすることもありませんし。

ただ、そうは申しましても、私個人は結構寒がりですので、北海道のしばれる寒さに遠く及ばなくても、寒いものは寒いので御勘弁戴きたく。

それはさておき、思い返してみるに、この寒さ、年末年始を境に、急に寒くなったような気がします。
ということで、今回は、年末年始の辺りの話をしてまいろうかと思います。え? 「前回のエントリも年末年始ものじゃねえか?」ですか? …いや、まあ、そうおっしゃらずに、ちょいとお付き合いいただければ幸いです。
…しっかし、あいかわらず、リアルタイムな話題のないブログですね、われながら。


それはさておきまして、前回、特に書きませんでしたけれども、年末年始は、私は実家に帰っておりました。
実家と申しますと、そうです。「彼」でございます。

 

呼びましたか?

三代目でございます。本当はちゃんとしつけをしなければならないのでしょうけれども、野放しになっています。ちなみに、先代もろくにしつけてませんでした。
で、私が実家に帰省しましたところ、三代目に熱烈歓迎されました。眼鏡のレンズに疵のお土産まで付けてくれました…。

ただ、飼い主である人より下位にいることは分かっているようで、うちの両親に本気で牙をむいたりはしないので、「超駄目犬(考えるに、駄目犬にしてしまったのは飼い主の接し方が悪いせいであって、駄目犬といって、駄目になったのは、あたかも犬自身の責任のような言葉は、いかがなものかと思いますけれども、他に適当な言葉が思い浮かびませんで…)」というわけではありませんで、最低限、人様に迷惑をかけない程度、ではあると思うんですけれども…。

ただ、もう、甘やかされまくり。両親にとって、先代は、子ども、くらいでしたけれども、三代目は孫のような感じのようです。大泉逸郎の歌を地で行くような、そんな感じ(もっとも、両親の年齢だけが理由ではなしに、先代は、基本的には「お外の子」だったのに対して、三代目は「室内犬」としているのも影響しているかもしれません)。

ただ、三代目は、室内犬にしてはデカすぎるきらいがないでもないです。私が行ったときには、15キロ(以上)になってました…(ちなみに、前に会ったときより、5キロくらい増えまして、細身ながらも、ちょっとがっしりしてきました)。
中型犬としては並でしょうけれども、室内にいるコとしては、結構デカいです(というより、傍若無人に家の中で暴れまわっているので、邪魔)。

失敬な! デカくても可愛いと評判ですよ?
相変わらず自画自賛か!
 自分で可愛いとか言うなというのに…。だいたい評判って、誰がお前を評してんだよ。

でまあ、家の中では傍若無人なくせに、外では、極度のビビリだったりします。
私が行ったときは、自分の何分の一しかないような大きさの、知らない小型犬に出会うや否や、背中の毛が盛り上がってました。
また、よくこんな顔をします。

虐めないで下さい…。
いや、別に虐めてないから!

手をちょっと上げる(と言っても、叩くの意味ではなしに。本当に字義通り)だけで、ビビッて目をつぶっている画像です。
…私が虐めているみたいですけれども、決してそんなことはなく。普通に、手をちょっと上げただけで、すぐ目をつぶります。

先代などは、甘えたでもある一方で、喧嘩っ早く、また一方で大物というのか、茫洋としたところもあって、小さい頃からビビるということはあまりなかった(犬が典型的にビビッてしまう花火とか、他には妙なものに対してビビッてはいましたけれども)ので、性格というのは、本当に違うものだなぁ、というのを感じます。

先代との比較という意味では、先代は、家の人に対して、「遊んで?」とアピールすることは、まずなかったのですけれども(こちらが、遊ぼうとフると、壮年期くらいまでは、喜んでノッてはきましたけれども)、三代目は、自分が暇になると積極的に「遊べ」と、アピールします。

ちなみに、私が行った際の、三代目の遊び道具は、…軍手。最近の彼にとっては、軍手の引っ張りっこがブームのようです。
先代はちいさいとき、自慢げにタワシを咥えてるし…、なんなんでしょう。もうちょっと可愛げのあるものをチョイスして欲しいものです。

 

前にもあげましたけれども、先代(幼少期)、タワシ大好き!な画像


 

さて、以下は、実家に行った際に、三代目の画像を撮り貯めてみましたので、それを元に、適当な小ネタを書いてみようかと思います。文章はともかく、前よりもまたちょっと成長した三代目の画像を見るだけでも、お付き合い戴ければ幸いです。

続きを読む


タグ:ワンコ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

光陰たぁよく言ったものでして… [実家のワンコ]

先日、実家に帰ってきました。私にしては、かなり短いスパンで帰省しているように思います。

原因は、言わずもがなです。

…呼びましたか?

三代目の成長を見に行きました。垂れ耳で、ビーグルっぽいコになるかと思っていたんですが…、脚長っ! どうも、脚の太さから考えて、もう少し脚が長くなりそうです。

…少々アンバランスかもしれません

そして、それ以上に、成長早っ! 4ヶ月くらいなのですが、先代の子より成長が早い気がするのは気のせいでしょうか。急に大人びたシルエットになっちゃって、ちょっと残念です。この写真のときで、体重が10キロくらいだそうで、先代のコよりは小さいでしょうけれども、そこそこの大きさになるかもしれません。

そういえば、先代の子もそうでしたが、ウチの子になるのコは、何故か脚が長いコが多いです。で、スリムというのか、ひょろひょろした感じの子になりがちです。…いや、ちゃんと食べさせてますよっ!?(…多分

蛇足ながら、ウチの家系のヒトの方は…特に私は、貧乏神のごとく、ひょろひょろしています。ちなみに、母方の血は、結構太りやすい体質な気もしますが、母自身は別段太っていません。
脚の方は…、いや、別に短くはない、ですよ? …本当だもん。ただ、別段長くもねぇなぁ、と。ちなみに、私の場合は、脚を一回骨折して、曲がったまま直った?というくらいに異常に脚が曲がってますけれども(一番開いているところで、最大、拳2個入りますし)。

え、ウチのヒトの方の話はどうでもいい? 確かに。

そんなことより、私の可愛さについて語り給え

…そうですね。

さて、実家に着いてすぐ。「前に初めて会ったときは、警戒して吠えられたけど、今回は覚えてるかな?」などと思っていたんですが、しっかり覚えてくれていたようです。ものすごく歓迎されました。…それはもう、鬱陶しい位に。頭突きはかますし、口元は齧るし、でした。

義姉のブログを拝見するに、噛み癖があまり出なくなった旨書いてあったように記憶していたのですが、それが全然で。もう服の袖とか、ズボンの裾とか、噛みまくり。しかも、ガジガジ噛みながら、何とはなしにうっとりしてやがりました。

過剰な愛情表現と思って戴けないでしょうか?

…OK! (…っていいのかよ!)

で、当日は、散歩に付き合いました。

散歩中のある一コマ(というより、数コマ)

…穴掘りって、ロマンですよね?

相変わらず、穴掘りが好きなようです。ちなみに、上の2枚目の画像で後ろにちょっと写っているコは、三代目の姉妹です。
で、公園のベンチ下を掘り進んだ結果。ここまで掘るのに、3日くらいやっていたそうです。

体が収まるくらいにまでして、ご満悦。ですが、公園に大穴をほじくったバチでしょうか。

風に煽られてました。

 でも、そんなの関係なぁい!という態度。…ネタのようになってしまいました。

で、今回行った際に分かったこと。三代目は、結構ビビリ。まあ、まだ小さいので、どう転ぶか分かりませんけれども。
先代は、喧嘩っ早くて、でも、弱いからやたらと吠え掛かるんではなくて、結構喧嘩強かったんですけどねぇ…。草葉の陰から、三代目を護ってくれないかなぁ…。

で、件の三代目です。
散歩の際に、ちょっと怖いワンコに吠えられて、意味も分からず、きょとんとしているのかと思ったら、背中の毛が逆立って盛り上がってました。…ものすごくビビッていたみたいです。下の画像の丸を描いた辺りが、それと分かるくらいに盛り上がってて、ゲラゲラ笑うほど面白かったです(本人(犬)からしたら、「面白がっている場合じゃない!助けろ!」てぇ話でしょうけれども)。笑ってしまって、写真を撮り損ねたのは残念でした。

ビビリぃで、背中の毛が盛り上がっているのも、可愛いと評判なんですよ?

…「可愛い」とか、自分で言うな!

あと、これは今回行って分かったというよりも、先日行ったときでも同じだったんですが、書き忘れていたこと。
ワンコも、人の赤ん坊のように、寝ぐずりするんですね。…動画、撮っておけばよかったなぁ。
三代目も、眠くなると、暴れまくります。…で、スイッチが切れると、こうなります。

…苦しうない。寝所に運び給へ

…嫌じゃ!
…デカくなった分、思い切り邪魔です。
ちなみに、7月のときはこんな感じ。

縮尺が正確な訳ではないのですが、長さ3~5割増しといった印象です。

私は今も可愛いが、この頃の方がより可愛かろう?

「可愛い」アピールはいいけど、お前、このころ脚ぶっといよな?

何だと貴様! 愚弄する気か! …気に入らん。もうひとつアピールしてやる!

7月のエントリに載せ損ねた画像です。

ということで、今回は、ワンコのネタはやはりベタな感じです、という話。
後日、母から別の用件で連絡があった際に聞いたところでは、三代目は散歩ルートにある池に飛び込んで遊んでいたら、脚をちょっと切ったそうな。元気で、お馬鹿なコです。ただ、そういうところも可愛いんですけどね!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよっ、三代目!といっても、歌舞伎などではない [実家のワンコ]

チャレンジャーな季節ですね。
「チャレンジャーな季節」といわれてもよく分からん? 確かに。では、今回はその辺りをマクラにしてみましょう。

その日、私は小腹がすいていたので、とりあえず何か腹に入れようと思い、「食パンがあったなぁ」と、思い出しました。
で、おもむろに取り出してみたところ、…育っておりました。アオカビが。

「てめぇ、食パン。何かもされてんだ!? 『もやしもん』か? ペニシリンでも作れってか、この野郎」

と、とりあえず毒づいてから、カビた部分を取り除いてトーストにして食べました。
今のところ、体調も変調を来していないようなので、大丈夫そうです。

独り暮らしで食中毒、というのは、なかなかにイタい感じがするので、気を付けたいものです。
というより、「食中毒? 何食べたの?」と、半笑いされそうなのが、なんとなく嫌なのかもしれません。


 

さて、本題。前回からの続き。

前回は、この後姿のみでした。勿体付けてみたのですが、うちに来たのはこのコ、「三代目」ダンです。

 

…呼びましたか?

光の当たり具合なのか、写真によって毛色が濃いものもありますが、この写真の色合いが、実際に見た感じの色に近いと思います。

 

で、もう一枚の方は、抱っこされている三代目の図。
肉球が綺麗なピンクと黒の斑になっているのが、ちょっとお間抜けですね。
でも、毛色が薄くて、上品な感じですよね?(←身贔屓混入) で、こうやって抱っこされている写真だけ見れば、物静かで賢い感じ、なんですけどねぇ…。
実際は暴れ者です。この後、抱っこしている母を襲い(齧り)ました。

 

…自分、抱っこ、キライなんですよ。

何だ、その態度は!

私が遊んでいる際にも、抱っこしているときに限らず、思いだしたようにガジガジ咬まれました。
子犬の乳歯はとんがっていて、ちょっと痛いです。

…自分、かじるの、好きなんですよ。

ぷりちーなお尻のショットでごまかすんじゃない!…でも、後ろ足のへたり具合もぷりちーですね(←身贔屓混入)。

「悪い子軍団」に所属しているので、庭に穴も掘ります。

…雨が降った後は「穴を掘れ」って雰囲気がありますよね?

私が実家に帰ったときは、三代目は生後70日、といった辺りでしょうか。

…5月5日生まれです。

(蛇足ながら、この後、カメラに向かってタックルかまして来ました…)

ちなみに、その1ヶ月程前ですと、こんな感じだったそうです(下の2枚は、義姉が撮影したもの)。

ひと月で、随分育ちますね。顔は長くなってるし、耳が大きくなってます。

そして、ぷりちーなお腹。

…自分、メタボリックじゃないですから。

ということで今回は、前回に引き続き、何かベタなネタで申し訳ないです、という話。

おまけ。他ブログの宣伝。
写真を勝手に戴いてきたので、義姉の三代目日記のURLを、以下に載せておきます。
滅多に実家に帰省しない私より、三代目の動向が分かるかと思いますので、興味を持たれた方は御覧になって下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/a_izm02

ただ、私がこのように、ヘタレたブログをやっていることは表沙汰にはしていませんので、こちらから来たことは、どうぞ御内密にお願いいたします。…義姉のところに、アクセス解析付いていたら、バレバレなんですけども、確か付けていないはずですので。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実家への帰省と昔話 [実家のワンコ]

先日、実家の方に一度帰りました。

実家は…、正直苦手です。なんというのか、出て行って以降、居場所がなくなってしまった感が強いというのもあります。
また、自分の今現在の身の上が、居心地を悪くしているというか…。もういい加減、試験やめたら?ということは、はっきりいわれたりはしないんですが、そういう雰囲気が…(あしざまな意味ではなしに、今後をものすごく心配されるのです)。いや、確かに言われても反論できませんけれども。

そんな訳で、帰省すると「こんなんでどうもすいません。生きててすみません」と、なんとも申し訳ない気持ちになるので、足が遠のいております。

ただ、今回は、ちと理由がありまして、帰省した次第です。

…と、ここで、話を変えまして昔話などを。

時は平成の初め(本当にはじめで、元年の1月7日でした)。私の実家に子犬が来ました。
名はダン。母が昔飼っていたワンコの名前でもあるそうで。いわば、由緒ある名前の二代目になりますね(名前に由緒があっても、雑種なんですけれども)。

最初は、「クマゴローちゃん」な感じでした。こんな感じです。

 

まふまふワンコさんで、可愛かったのですよ。脚がぶっとくて、将来、結構大きくなると思われました。

 

タワシを咥えてダッシュ!の図。…何で、よりによってタワシ? ビンボ臭いよ。

 

縁側に前脚を掛けて、可愛さをアピールするの図。

…で、脚がぶっとかった幼少期の予想通り、このコは、すくすくすくすく大きくなりまして。精悍なワンコとなりました。

 

もう「クマゴローちゃん」とは呼ばせません!な感じ。

中型犬としては、結構大きめだったように思います(20キロちょっと、あったように記憶しています)。色合いは、御覧の通り、黒柴に近かったんですが、黒柴ほどカキっとした白黒のコントラストがなく(何故か、部分的に黒毛の根元が白・灰色でして)、少しぼんやりとしていて、かえって「上品」な感じ(←かなり身内贔屓が混入)でした。写真ではコントラストが強く出てしまっていて、非常に分かりにくいですね。
洋犬の血も混じっているらしく、柴犬よりずっと脚が長かったです。

 

こんな感じで、脚長いの。恰好いいでしょ?な感じ。

…とまあ、恰好いい感じなんですが、撫でられるのが大好きな甘えた、でした。
よく、うちに人が来ると、撫でて!と強要するかのごとく、その人が触ってくれないと吠えていました。…犬嫌いの人にとっては、なかなかの恐怖ですね。
中型犬にしては結構大きい黒犬が野太い声で吠えるんですから。それゆえ近寄れないのにもかかわらず、何故吠えているのかというと「自分に触って!」ですから。逆効果です。そんな、ちょっと頭悪いコでもありました。

撫でられて、うっとりご満悦、な図。こんな感じで、よく仰向けになっていたのですが、仰向けになると必ずといっていいほどくしゃみをするワンコでした。やはり、何か間抜けなコですね。

そんなちょっとした間抜けさ、頭の悪さゆえか、いつもは本名のダンではなく、「ダン吉」と呼ばれていました。
あまり、容姿に合ってないような気もしますし(ジャーマン・シェパードに「ポチ」と名付けるくらいの違和感ではありませんが)、本名より長い通称というのはいかがなものかとも思うんですが、実際そうだったので仕方ありません。

この顔つきなら、いかにも「ダン吉!」な感じですけれども。

とまあ、二代目は、特にうちの母にものすごく可愛がられていたのですが、犬の生涯は人のそれより短い訳でして、数年前に他界。
母の落ち込みようたるや、ものすごいものでして、その後「ペットロス」という言葉を知りましたが、本当、その言葉通りで。
また、亡くなるのは見たくないと、「もう、犬は飼わない!」ともいっておりました。

…ですが、その後数年、最近になりましてから、縁あって、またワンコを飼うことになりました。

Here comes NEWFACE! このコが、今回の帰省の理由です。
ということで、次回へ続きます。


タグ: ワンコ 子犬
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
実家のワンコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。